現代病?ゲーム障害とは

どうも、レコファです。

Yahooニュースで気になるニュースがありました。以下抜粋。

「 ゲーム障害 家族や友人との人間関係や仕事、学業に深刻な支障が出るほどゲームにのめり込み、それが1年程度続く状態を指す。世界保健機関(WHO)が6月に発表した新たな国際疾病分類の最終案に加えた。WHOの定義などによれば、(1)遊ぶ時間を抑制できない(2)日常生活の中で最優先する(3)対人関係や健康状態などを著しく損ねているにもかかわらず、持続的または反復的に行ってしまう、といった場合はゲーム障害が疑われる。」

ギャンブル依存症とは別みたいですけど、同じじゃないですか??人間の脳みそってどうなってるんでしょうね 。

僕は10年前にモンスターハンターを2000時間くらいやりましたけど、上記の①②③にはならなかったです。今ゲーム障害になっている人は何のゲームやってるのか気になりますね。やっぱり課金要素ありきのソシャゲで、不特定多数より優位に立ちたい一心で時間とお金をつぎ込んでいるような人達なんでしょうか。

他人の人生をダメにしてお金を稼ぐ業界は恐ろしいですね。麻薬の売人と変わらないですよ。

ソシャゲ業界もパチンコ業界ももっと規制されれば良いと思います。

ギャンブル依存症サバイバル パチンコ・スロット・競馬・競輪におぼれる人を救済す [ 熊木徹夫 ]価格:1,944円
(2019/1/13 20:44時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です