クラウドワークス 案件応募

どうもレコファです。

何日か前から悩んでたクラウドワークスの案件に応募してみました。

まずは「様々なテーマに関する記事を調べて書いてください」というものに挑戦です。漠然とした案件名ですが、どんなテーマでも対応出来るようになれたら良いよねって感じで自分でハードルを上げて行きました。

実際取り掛かってみると、、まずテーマがやはりというか、見事に全て関心が無い。いやいや想定内です。とりあえずマニュアルを読んでみると

①キーワードを5つ選ぶ(提示がいくつもありました)

②それを全て組み合わせたものをタイトルとし、選んだ5つを中身として説明する。

③1500字以上1日1記事、1記事500円

なるほど、ここまではオッケーです。簡単です。それなりに進めながら半分ぐらい記事を作成したところで気付きました。

記事を作成というかほとんどコピペしてました。そうだこれは規約違反。でも説明とかは致し方ないのでは?とりあえず文章を少し変えながら進んでいきます。

半分を作り直したところでまた止まりました。引用と書き直しだけなら全然楽ですけど、オリジナル文章で書かなければいけない部分は相当時間がかかる。経験不足だからだとは思いますが、1500字でも結構きついです。

もう少し興味のある記事ならペース上がるかと思ったので、一度キーワード変更。

今日は午後たっぷりと時間があるので、自分の筆の早さも見つつとにかく挑戦しましたが、次のキーワードは調べる作業にやたら手間がかかる。自分なりに頑張りましたけど、しょうもない記事しか書けず、この時すでに4時間経っていました。

会社員をやってる身としては1日1・2時間しか取れないので、これを毎日続けるのは無理だと思い、案件を辞退しました。

なんというか、頑張りましたけど必死にはなれなかったです。やはり500円という単価に見合わないという気持ちが強いです。依頼主はこの手を使って自分のブログを肥やし、報酬を得ている(?)と考えると、自分も依頼者側になった方が楽に儲けられるじゃないかとなって、本来の目的がなんだか分からなくなってしまいそうでした。

新たに仕事を探す為、シノビというライター募集サイトにも登録しましたが、案件が少なすぎてお話になりません。

仕方なくクラウドワークスとランサーズの案件を1から洗う事に。

何件かしょうもない案件をお気に入り登録をして、最後まで調べると1件だけおもしろそうな案件を見つけました。

VR関係のサイトの記事作成です。これはちゃんとした企業からの依頼で、単価は1記事1000円で少ないですけど、相手は企業なので継続する事により専属ライターになれるかもしれない!なんて甘い考えが湧きました。それは無理ですけど、ここで実績を作れれば今後似たような案件を取りやすくなるのは、少なからずあると思います。

しかし、例を見てみるとメチャクチャ難しそうな記事ですよ。。こんなの多分書けないですね。無理っぽいけどやってみないと分からないので、とりあえず応募しました。

そもそも受けさせて頂けるか分からないですけど、受けれたら頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です