ソシャゲ 引退と例外

どうも、レコファです。

およそ10年にわたってソーシャルゲームを楽しんできました。それは自分の性格と向き合う事でもあり、単純にゲームを楽しむ事でもありました。

初めてスマホに機種変して、最初にやったアプリがかの有名な「パズドラ」です。当時、画期的だったシステムと課金ガチャに夢中になりとても面白かったですが、パズドラのサービス開始当初から始めた事もあって、キャラをコンプしながら進めていました。

ある時にウェハースのお菓子のおまけ限定でもらえるというキャラが出始め、気が付いた時には2箱も予約していましたが、このままだとキリがないし、お金もかかりすぎるので、予約はキャンセルしアプリを削除しました。この時は楽しかったから特に悔いはなかったです。

その時に同時にやっていたのが「ディズニーツムツム」です。これはオタク要素の少ない後輩達もたくさんやっていたので、とても盛り上がりました。ただ、ゲーム中の1分間(だったかな)は集中していないといけない為、他ごとで邪魔されると結構不快な気持ちになってしまいます。

その当時子供がまだ小さかったのに、ゲーム中にかまってほしそうに来られた時に邪険にしてしまいました。そして邪険にした自分にとてつもない嫌悪感を感じて、即アプリを削除しました。

そうしてソシャゲから離れていたのですが、前職の上司から熱烈に勧められて始めてしまったのが「ガンダムロワイヤル」です。

これはもともとガンダムが好きだった事もあいまって、上司とのコミュニケーションツールとしても活躍し、個人としてもやはりとても面白かったです。しかし退職を機にアプリの話をする人間もいなくなった所でやる気を失って辞めました。

最終的には僕の好きな初音ミクとコラボしているゲームを手当たり次第にやるようになりました。ゲーム自体はどれも面白くなかったので、長くても2か月ぐらいで全部辞めてました。ただミクコラボガチャをコンプするまで引いてたので、とてもしょうもないお客さんだった事は間違いないと思います。

ここに書いてないアプリも色々やっていますが、今までの自分の課金の仕方やゲームの遊び方から考えると

①欲しいキャラが出るまで課金する。

②ゲーム内のイベント中は無駄に頑張りすぎて現実に影響する。

といった2点が共通で見受けられ、そしてこれは止める事の出来ない衝動となっていました。

いままでのゲームの中で一つだけサービス終了を迎えたゲームがあって、その時は本当にこんな事もあるのかといった気持でした。終わりのない課金と時間の浪費、何も残らないデータというのは全てのアプリに当てはまる事です。

逆に言うと「無限の資金と時間、思い出だけ残れば良い」という条件が揃ってなければやらない方が良いのだと思います。僕は面白いゲームを無課金で遊ぶのは出来ない人間です。

なにかの間違いで莫大な資産を得た場合はまた復帰するかもしれないですが、とりあえず面白くてお金も時間もかかるソシャゲは引退します。

ただ一つだけ、自分でも続けている事に驚く例外、かつサービス終了まで続けたいと思うのが初音ミクの公式アプリ「謎の音楽彗星」(だったかな)です。

インストールしてから2か月ぐらいやって、あまりのつまらなさにログインしかしなくなりましたが、その後なぜか2年ぐらいログインだけで続いています。なのでお金も時間もとられてないのですが、ログインで貯まった石でたまにガチャが出来ます。

ガチャをして欲しいのが出たとしても、ゲームをやらないので特に何も意味が無いのですが、単純に好きだから続けて行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です